ものことプラス

もの・ことを中心におすすめの情報をお届けするwebサイト

OIGENのすき焼き鍋レビュー!『南部鉄器効果ですき焼きが更に美味しくなります』

   

美味しいすき焼きには、良いすき焼き鍋は欠かせません。

と言うことで、我が家でもすき焼き鍋を購入しました。

今回はぎょうざを焼くこともできる”OIGEN”すき焼ぎょうざ兼用鍋にしたので、レビューしたいと思います。

OIGENとは

OIGENは、正確には”及源鋳造”で、1852年に創業した岩手県奥州市の鋳物屋です。

現在はアルファベットでOIGENと表記し、ボーダレスな時代への対応を示しています。

OIGENでは鉄器を愉しむことに趣きを置いているため、職人たちが作る無骨で味わいのある、少し手のかかる本物の製品が取り揃えられています。

OIGENのすき焼ぎょうざ兼用鍋

こちらのすき焼ぎょうざ兼用鍋もOIGENお得意の南部鉄器で作られています。

そんなOIGENのすき焼ぎょうざ兼用鍋の特徴はこんな感じです。

保温力が高い

鋳鉄のすき焼き鍋なので熱が逃げにくく、保温力が高くなっています。

すき焼きなどの煮込む料理は重要な特徴です。

実際使ってみても保温力の高さを感じられ、食材が冷めることなく美味しく食事を終えることができました。

均一に熱が伝わる

熱の伝わり方にムラがなく、均一に伝わるのが鋳鉄の特徴。

そのことにより、食材を偏りなく温めることができるので、すき焼きはもちろんのこと、煮物や煮魚なんかとの相性も抜群です。

餃子も焼ける

及源のすき焼き鍋には木製の蓋が付いており、餃子を焼くこともできます

餃子もしっかりパリパリ、ジューシーに焼けるので、餃子好きにも納得のクオリティーにできあがります。

シンプルなデザイン

無駄がないシンプルなデザインなので、どのご家庭でも使いやすいと思います。

また、形状に無駄がないので、洗うときも洗いやすいのも嬉しいポイントです。

IHにも対応

直火はもちろんのこと、IHにも対応しています。

そのため、キッチンではIHで調理し、食卓ではカセットコンロで温めるといった事も可能です。

及源のすき焼ぎょうざ兼用鍋のラインナップ

サイズは16cm20cm26cmの3種類となっています。

おおよそ16cmは1人用、20cmは2人、26cmは3人以上と言った感じのサイズ感。

我が家は3人家族で26cmを買いましたが、良い感じのサイズ感です。

お子さんが小さい4人家族程度でしたら、26cmでぴったりだと思います。

お手入れ方法

鋳鉄の鍋はいいところも多いですが、長く使うためには注意すべきポイントがあります。

使いはじめ

新品の鉄鍋は表面に油膜が張っていないので、鍋ならし(シーズニング)が必要です。

この鍋ならしをすることによって、鍋の焦げ付きが減り、錆びづらくなるので、確実に行うようにしましょう。

鍋ならしの手順は以下の通りとなっています。

  1. 洗剤を使わずに温水で軽くすすぐ。
  2. 水分をさっと取り、強火で水気を飛ばす。
  3. 油を入れてからコンロを点火し、鉄臭さを取るために野菜くずを炒めながら、油を鍋全体になじませる
  4. 野菜くずを捨てて、たわしで鍋を水洗いする
  5. 強火で水気を飛ばして、準備完了

普段のお手入れ

普段のお手入れは以下のことに注意して使うと、鍋が長持ちします。

  • 錆びるので水気のある状態で放置しない
  • 油分が落ちないように、洗うときは洗剤をつけずにたわしで洗う
  • 油分がなくなってきたら、鍋に油をなじませる
  • 割れる恐れがあるので、熱い状態の時に冷水につけない

特に重要なのは鍋を油膜で保護することなので、鍋の油膜の状態は使うたびにチェックするようにしましょう。

手間はかかるけど、長く愉しめるすき焼き鍋

鉄器はテフロン加工されたものなどと比べると、注意する点が多く、少々面倒なものです。

しかし、それ以上に良い点も多く、料理をより美味しく食べたい方にはおすすめできる鍋です。

また、きちんと使っていけば長い間愉しむことができるものですので、しっかりお手入れをしながら、がっつりと使っていきましょう。

 - 暮らし ,