ものことプラス

もの・ことを中心におすすめの情報をお届けするwebサイト

暮らし

アウトドア好きなら1つは持っておきたいグローブ”グリップスワニー”

2018/01/26

どうも、自然を愛する男、ぱんくです(笑)

自然の中で仲間とわいわい楽しんだり、自然を感じながらのんびりゆったり過ごすのは気持ちがいいものです。

ただし、自然の中で快適に過ごすには、色々と準備が必要です。

火を起こしたり、テントを立てたり、座る場所を確保したりと、準備には多くの作業が必要です。

そのため、身体を保護したり作業を楽にする道具は重要で、特に手作業が多いアウトドアでは、グローブは非常に重要となります。

今回はそのグローブの中でも、アウトドアマンに古くから愛されている”グリップスワニー”をご紹介します。

グリップスワニーとは

グリップスワニー(GRIP SWANY)は、1848年にアメリカで誕生したブランド。

ゴールドラッシュで一攫千金を狙う採掘者向けの革グローブから始まり、現在ではアウトドア向けのパンツやシャツなども作っています。

スワニーイエローと言われる黄色い革を使ったグローブが有名で、アウトドア好きでなくても1度は目にしたことも多いと思います。

また、アウトドア以外にもバイク用グローブとしても有名です。

グリップスワニーのグローブの特徴

頑丈で様々な作業に対応できる

上質な成牛の革を使っており、非常に丈夫でしっかりと手を保護してくれます。

また、耐熱性があるため、ダッチオーブンなどの熱いものを運んだり、火起こしするのにも向いています

とりあえず、私もバーベキューで火の着いた炭を数秒掴んで配置換えさせてましたが、問題ありませんでした(笑)※マネ禁止

加えて、撥水性もあり雨にも強いため、雨の中での作業でも安心して使えます。

手に馴染み、動かしやすい

グリップスワニーの革は柔軟で滑らかなので、使えば使うほど手に馴染んできます

また、日本人の手に合うように立体裁断されているので、フィット感も高く、細かい作業もしやすくなっています。

糸切れに対する永久無料修理保証

グローブの縫製には、綿糸の5倍の強度を持つデュポン社のケブラー糸が使用されています。

万が一、糸が切れてしまった場合でも、無料修理が永久保証されているため安心です。

メンテナンスが簡単

メンテナンスはミンクオイルを塗り込むだけと非常に簡単

ミンクオイルを塗り込むことで、撥水性・耐久性が増し、汚れを落とすことができます。

美しいスワニーイエロー

何よりもこのスワニーイエローの発色が素晴らしい

また、使い込むことによって変化する色合いも良く、長い間楽しめるグローブです。

おすすめのグリップスワニーのグローブ

G-1 ベーシックモデル

一番オーソドックスで、人気の高いモデル。

使う場面を選ばずオールマイティーに使えるので、初めてのグリップスワニーにもおすすめ

G-2 ライディングモデル

バイク乗りにおすすめのグローブ。

グローブに風が入るのを防ぐためのベロクロストラップが付いていたり、スロットルを握る部分が補強されていたりと、ライダーに嬉しい仕様となっています。

G-3 ショートモデル

ライディングモデルの丈を短くし、ベロクロストラップが手の甲側に付いたモデル。

手首の動きを邪魔しないので、ロープワークなどの手を使う作業には持ってこいのグローブです。

G-4 パンチングメッシュモデル

手の甲の部分に96個の穴が空いているモデル。

このパンチングメッシュによって換気性能が向上し、蒸れにくくなるため、グローブの中を快適に保つ事ができます。

また、このメッシュはグローブのフィット感を高める効果もあるため、夏場の作業には持ってこいのグローブです。

G-6 レザーウインターモデル

ベースはG-1と同じで、インナーにボアが使用されているモデル。

保温力が高いため、冬のアウトドアで活躍します。

G-10 ビレイモデル

1980年代に発売していた、クライミングで使用するグローブの復刻モデル。

ビレイとは、クライミングにおいてロープで安全確保することを指しています。

ロープでグローブがだめにならないように、手の側面から広い範囲で革アテ補強がされています。

G-11 プロフェッショナルモデル

指の指紋部のみカットされているグローブ。

指先を使う、細かな作業に向いています。

山でカメラを使う人にはおすすめです。

G-12 フィンガーレスモデル

指の第二関節からカットされていているグローブ。

登山・アウトドアから自転車・車でまで幅広く活躍するグローブです。

アウトドアを満喫するためのマストアイテム

アウトドアでは色々な事が起きるので、使い勝手が良く、汎用性の高いグリップスワニーのグローブは、まさにアウトドアに最適なグローブだと言えます。

また、使い込むほど手に馴染んでいくので、グローブを育てるのもアウトドアの楽しみの1つになるでしょう。

そのため、グリップスワニーのグローブは、アウトドアを満喫するためのマストアイテムと言っても過言ではないと思います。

-暮らし
-, ,