ものことプラス

もの・ことを中心におすすめの情報をお届けするwebサイト

暮らし

ノートパソコンをデスクトップ化して、作業効率が格段にUPしました!

2021/02/28

ノートパソコンを新調してから、PCライフがすこぶる快調のぱんくです。

新しいパソコンはレスポンスがサクサクで軽くなって、いろんな作業が捗ります。

今のままでも十分いい感じなんですが、PC環境を更に快適にするための施策を取ることにしました。

その施策とは”ノートパソコンのデスクトップ化”です。

ノートパソコンのデスクトップ化とは!?

特にこれといった定義はないのですが、簡単に言うと『ノートパソコンをデスクトップパソコンのように使用すること』です。

と言ってもどういうことかわからないと思いますので、具体的に説明します。

ディスプレイを2つ繋げて、デュアルディスプレイ化

まずはディスプレイです。

ノートパソコンの場合、通常はノートパソコンに一体化されているディスプレイを使うのが一般的。

しかし、ノートパソコンは持ち運ぶことを前提に作られているため、ディスプレイのサイズが小さい場合が多いです。

加えて、キーボードとディスプレイが一体化されているので、どうしてもディスプレイとの距離が近くなってしまいます。

これらの問題を解消するために、ノートパソコンのディスプレイではなく、ノートパソコンに接続した外付けディスプレイを使用するのです。

多くのノートパソコンにはHDMIやDisplay Portと言った外部出力用の端子が用意されているので、それらの端子を外部ディスプレイに接続することで利用することができるようになります。

私のノートパソコン場合、HDMIが1つ、mini DisplayPortが2つ用意されています。

計3つの外部出力端子がありますが、今回はmini DisplayPortを2つ使用して、デュアルディスプレイ化することにしました。

デュアルディスプレイにした感想ですが、いやー最高です(笑)

片方のディスプレイで作業しながら、もう一方のディスプレイで動画を見たり、ウェブサイトを調べたりできるのは素晴らしいです。

ディスプレイはiiyamaの23.8インチディスプレイ”XUB2492HSU-B1”にして、これを2つ横に並べています。

ノングレアのIPSパネルで発色も良く、コスパもいいのでおすすめのディスプレイです。

また、高さ調節・チルト調節・90°回転を可能とするパーフェクトスタンドが優秀で、このスタンドのおかげで使用環境に合わせて最適な状態でディスプレイを設置することができます。

キーボードはワイヤレスで

ディスプレイの次はキーボードです。

キーボードは有線だと邪魔なので、やっぱり無線がいいでしょう。

ということで、評判の良いLogicool(ロジクール )のワイヤレスキーボード”K275”を購入。

コスパが良い上に作りもしっかりとしているため、キーを打ち込む時の感覚もいい感じです。

テンキーも付いたフルサイズキーボードになっているのもいいところ。

Unifyingレシーバーをパソコンにつけることで、パソコンとキーボードを無線接続するのですが、Bluetoothよりも接続が安定している感じです。

キーボードの上の方についてる音量調整とミュートのボタンが、何気に使えて便利。

マウスはボールマウスがおすすめ

次はマウスです。

今までは普通の光学式マウスを使っていたのですが、机の材質なんかで反応が悪かったりするので、これを機にボールマウスにしてみました。

ボールマウスは親指でマウスについているボールを転がしてカーソルの移動などを行うのですが、親指で操作することに慣れていないので、使い始めはなかなかうまく動かせません。

ただ使い慣れてくると、光学式と変わらないか、それ以上の感覚で操作できるようになります。

ボールマウスの何がいいかというと、ずばり”腕を動かさなくていいところ”でしょう。

マウス本体を移動させる必要がなく、親指だけでカーソルの移動が可能なので、腕の疲労度は格段に下がります

また、マウスを置く位置もどこでもよいため、机が小さかったり狭かったりする方にはおすすめです。

私はたまに膝の上なんかに置いて作業することもあります。

マウスはこちらもLogicool(ロジクール )製の”M570t”にしました。

ボールのすべりもよく、シンプルで使いやすいボールマウスです。

何と言ってもキーボードでも使用しているUnifyingレシーバー1台でこのマウスも接続できるので、とってもお手軽です。

とどめにスピーカーを付けちゃいます

最後はスピーカーです。

デスクトップ化という観点からすると、スピーカーはなくてもそこまで問題ありませんが、スピーカーいいよ~(くるくるぱー)

何かしら作業していときは音楽を聞いてることが多いので、音質がいいとテンションも上がって、作業効率もいいと思うよ~(くるくるぱー)

最近はもっぱらJBL信者なので、スピーカーは”JBL Pebbles”で決定。

迫力のある音質で、デザインもディスプレイとマッチしているのでいい感じです。

オーディオ関係は値段がピンきりですが、JBL Pebblesはお手頃価格でコスパがよく、満足度が高いPCスピーカーだと思います。

ノートパソコンをデスクトップ化で、作業効率UPしちゃいましょう

ノートパソコンのまま使うのとデスクトップ化して使うのとを比較すると、確実にデスクトップ化したほうが作業効率が上がっています。

1番の要因はディスプレイが大きく、デュアルディスプレイであることだと思います。

文章を書きながら画像を編集するといったマルチタスクが格段にやりやすくなります。

また、YouTube観ながらTwitterのタイムラインを追うといった駄目な感じの環境も構築できちゃいます(笑)

ノートパソコンだと距離が近いせいか猫背っぽい体勢になり、姿勢が悪くなりがちなですが、外付けディスプレイだと位置や角度を調整できるので、この問題も解決できます。

そのため、ノートパソコンを使っていて肩がこる方や文字が小さくて困っている方にも、ノートパソコンのデスクトップ化はいいんじゃないかと思います。

今ノートパソコンを使っていて『デスクトップパソコンを買うまでではないんだけど、もうちょっと快適なPCライフにしたいなぁ』と思っている方は、ぜひノートパソコンのデスクトップ化にトライしてみてください。

-暮らし
-, ,